液体窒素の注意点を知る

女性

仕上がりの美しさが特徴

いぼは加齢や紫外線などが原因で出来ることもありますが、ウイルスの場合は接触が原因なので指や手足の関節に出来ることもあります。老人性のいぼの場合は他人に感染する心配はありませんが、ウイルスが原因の場合はお子様から、高齢者まで幅広い年代の人がうつる可能性があります。放置をしておくと顔や首、胸元などの目立つ部分だけでなく、手足にも広がる可能性があるので、なるべく早く皮膚科や美容皮膚科のクリニックを受診して診察を受けることが大事です。比較的数が少なかったり、小さめの形状の場合は液体窒素によるいぼ切除がお勧めです。液体窒素のイボ除去は低温やけどを起こすことで、焼き取る方法です。液体窒素の治療は保険適用が受けられるので、費用を抑えた治療ができますが、施術を受けた直後は水ぶくれや血豆などが出来ることがあります。施術を受けた直後は水ぶくれや血豆は触らないようにして、患部を水で濡らしたり、強い紫外線を浴びたりしないように注意をして下さい。10日から2週間ぐらいを経過すると、水ぶくれが乾燥してきて皮膚の表面がきれいになってくるので安心して下さい。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、高い技術を持った医師が在籍をしているので、なるべく痛みの少ない、いぼ切除を心掛けています。いぼは茶褐色や黒っぽい形状をしていますが、首や胸元、背中、顔などに出来ることが多いです。ヨクイニンや杏エキスなどが含まれている基礎化粧品を使用している人が多いですが、即効性はないので美容皮膚科や皮膚科を受診したい人が増えています。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、時間を掛けて診察をしてくれるので、最適な治療法を提案してもらうと良いでしょう。小さかったり、数が少ない場合は液体窒素のいぼ除去を勧められることが多いですが、サイズが大きかったり、数が多い場合は複数回は通院をする必要があるため、電気メスによる高周波の熱を使用した、いぼ除去を提案されることが多いです。電気メスによるいぼ切除は痛みや出血が少なく、傷の治りが速いのでメリットの大きい治療法です。老人性のいぼの場合は人に感染する心配はありませんが、首や目元、胸などの目立つ部分に出来るので、見た目の印象が良くないと悩んでいる人がほとんどです。両親と体質が似ている場合は20代の若い人にも見られることがあります。ウイルスが原因の場合は、自分で切除をすると健康な皮膚に広がってしまうこともあるので、絶対に避けて下さい。美容皮膚科のクリニックでは、仕上がりの美しさを重視しているので、保険適用外の治療も行っています。

Copyright© 2018 いぼの切除はクリニックで相談しよう【最適な治療法を提案】 All Rights Reserved.