治療方法について

医者

施術の仕方とは

いぼは場所によっては目立ちます。自力で取り除こうとしても難しいですので、切除する場合は皮膚科や形成外科、美容外科などのクリニックを受診すべきです。場合によっては保険適応になり数千円で取り除くことが出来ます。実費になったとしても小さいいぼならば一万円以内で取り除くことが出来るクリニックがほとんどですし、施術方法によっては一度の治療で完了します。昔から行われている治療方法のひとつに液体窒素を利用したものがあります。患部に吹きかけることによってウイルスを取り除いていきます。一度の施術ではなく複数回の施術を続けて完治させるもので、施術時に痛みを感じますが一番手軽な治療方法ともされています。いぼの種類によってはこちらが適応されるでしょう。近年では炭酸ガスレーザーでいぼやほくろを切除することが主流になりつつあります。除去した痕が残りにくいというメリットがありますし、一度の施術で短時間で完了するので、こちらの施術方法を選択する人が年々増加しています。保険が適応できないケースも多いのですが、一万円前後で行えることが多いでしょう。大きさによっては多少高くなります。大きいいぼに関しては切除して縫合する方法が適している場合もありますから、医師と相談して治療法を選択しましょう。いぼを切除するときには何を優先するかによって選ぶべきクリニックが変わってきます。皮膚科や形成外科、美容外科で治療を受けることが出来るのですが、仕上がりを重視するのならば通常の皮膚科ではなく美容皮膚科を選択しましょう。皮膚科では患部を治療することを目的としています。美容皮膚科は治療はもちろんですが、仕上がりを重視した施術を施してくれます。同様に、形成外科や美容外科でも仕上がりを重視して行ってくれます。クリニックによって保険が適応になるケースと全額実費になるケースがありますので、口コミやホームページを参考にクリニック選びを行いましょう。費用に関しましてはいぼの大きさによって異なりますので、実際に診察を受ける必要があります。電話やメールでの問い合わせで大体の目安の料金を提示してくれるクリニックもありますので、まずは問い合わせをしてみてください。とくに顔のいぼを除去するときには仕上がりによっては逆に目立ってしまう恐れもありますので、傷跡を出来るだけ残さない施術を行ってくれるクリニックを選ぶべきです。実際に施術した後のビフォーアフターなども参考にしてみてください。いぼを切除することで長年のコンプレックスを短時間で解消させることができるでしょう。

Copyright© 2018 いぼの切除はクリニックで相談しよう【最適な治療法を提案】 All Rights Reserved.