ふと気がついたら

カウンセリング

取り除きましょう

手で首のあたりに触れた時に、何か違和感があるので見てみたら、いぼの存在に気がつくなどといったことは意外によくあるのです。そんな時は専門のクリニックに行って切除してもらえば良いのですが、事前にやっておきたいことがあります。まず自分の体にあるいぼは良性かそうでないかを調べることです。基本的には皮膚科に行って調べてもらえますが、万が一悪性だった場合は総合病院などの大きなところを紹介してもらって、改めて検査を受けるケースが多いです。反対に良性であるのがわかれば、皮膚科や美容外科で切除してもらうことが可能です。やり方としてはメスで切り取る場合や、特殊な液体を塗って取り除く、あるいはレーザーを使用して切除するなどが選べます。ただし切除をお願いするクリニックや、いぼの状態によっては選択の余地がないことも少なくありません。そのため申し込む際には詳しく話を聞いておかなければいけないです。一番良いのはカウンセリングを受けておくというもので、いぼが良性かどうかはもちろんですし、どんな治療法が向いているのかのアドバイスももらえます。何よりも医師の人柄までわかる場合もあるため、急いで取りたいなどのよほどの理由がない限りは、必ずうけておきたいです。もっとも安い値段で、いぼの切除ができるのは、皮膚科で液体窒素療法をお願いしておくという組み合わせです。この方法であれば健康保険が適用される場合が一般的ですから、高くても数千円程度ですむのがほとんどです。特に麻酔などもせずに、いぼに液体窒素を塗りつけます。壊死するとその部分だけ切除できますし、傷跡もほとんど残りません。一度で取りきれない場合が多いので二、三度にわけて行います。次に高額になってしまいがちなのが、美容外科クリニックでレーザーを使って切除することです。こちらの方はかなりの高確率で保険が使用できないです。それからレーザーでの治療はもともと値段が高くなる治療法ですから、いぼの数が多ければ数万円から数十万円になる場合も珍しくありません。ただし施術時間はものの数分で終了します。液体窒素療法でも痛みは少ないですが、レーザーの方がさらにないと言われています。おまけに傷跡に関しても、少し赤くなる程度で出血することもあまりないです。そのためすぐに仕事に戻らなければいけない人などには向いて治療法なのです。他にもメスで切り取る方法があり、こちらも保険が使えるので安価ですし、根っこが皮膚の深くまで達している場合に採用されます。

Copyright© 2018 いぼの切除はクリニックで相談しよう【最適な治療法を提案】 All Rights Reserved.