液体窒素の注意点を知る

女性

いぼは加齢や紫外線などが原因の場合もありますが、ウイルスが原因の場合は指や手足の関節に出来ることもあり、お子様から高齢者まで感染する可能性があります。皮膚科や美容皮膚科では保険適用のいぼ切除も行っています。

詳しく見る

治療方法について

医者

いぼを切除するときにはクリニック選びが重要です。切除するといっても方法はいくつかありますので自分に合った治療方法を選択しましょう。治療費に関しても保険が適応されるケースもありますのでまずは確認が必要です。

詳しく見る

ふと気がついたら

カウンセリング

やっておきたいのは切除するいぼの種類で、悪性なら大きな病院に行きましょう。一番安価ですむのは皮膚科で液体窒素療法を受けることです。反対に美容外科クリニックでレーザー治療を受けると高額にはなりますが、傷跡が目立たないなどのメリットは多いです。

詳しく見る

悩みを解消する

女性

いぼの切除法として炭酸ガスレーザーを使用することや、液体窒素を使用することがあります。治療法はいぼの状態によって異なります。いぼは再発することも多いので、信頼できる病院で気長にゆったりと行うことも大切です。

詳しく見る

保険適用の液体窒素

看護師

安全性の高い電気メス

いぼは加齢や紫外線、衣類などの摩擦などが原因で出来ることもありますし、ウイルスに感染することで首や胸元などに複数できることもあります。顔や首、胸元などの目立つ部分に出来るので、悩んでいる人が多いですが、まずは皮膚科や美容皮膚科のクリニックを受診して、医師に視診や診察をしてもらうことが大事です。直径が2、3?前後の小さなものから、皮膚から盛り上がっていたり、黒っぽい形状の場合もあります。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、サルチル酸などが含まれている塗り薬や、ヨクイニンなどが含まれている内服液なども処方してくれますが、あまり効果を実感できないと悩んでいる人も多いです。液体窒素を綿棒に付けていぼを焼き切る方法や、電気メスの先端から熱が出るので、熱エネルギーを利用していぼ切除を行う治療を受けたい人が増加しています。電気メスによるいぼ切除は、液体窒素に比べると痛みが少なく、傷の治りが速く、傷跡も残りにくくきれいな仕上がりが特徴です。美容皮膚科では保険適用外の治療も行っており、直径が5mm以上の大きなものや、盛り上がっている状態の場合でもきれいに切除ができます。老人性のものなのか、ウイルスが原因なのかきちんと診断をしてもらいましょう。いぼは顔や首、胸、脇などの目立つ部分に出来ることが多く、胸の空いたデザインの服を着用できず悩んでいる人が多いです。衣類やネックレスなどの摩擦が原因で出来やすいので、アクセサリー類は長時間使用しないことも大事です。美容皮膚科や皮膚科では加齢が原因なのか、ウイルスが原因なのか診断をしてくれるので、最適な治療法を提案してもらうと良いでしょう。なるべく費用を抑えた治療を受けたい場合は、液体窒素によるいぼ切除がお勧めです。液体窒素はマイナス196度になっており、患部に綿棒などで適量を付けることで、焼き取ることが出来ます。多少の痛みを感じる場合もありますが、我慢できない程度ではないので安心して下さい。いぼの数が少なかったり、小さめの場合は大変有効です。保険適用が受けられるので費用を抑えた治療ができます。いぼの数が多かったり、大きめのサイズの場合は、液体窒素の場合は複数回の治療が必要になってしまいます。電気メスによる切除は、出血や痛みなどが少なく安全性の高い治療なので、幅広い年代に人気があります。40代、50代ぐらいの年齢になると皮膚の老化や紫外線などの影響でいぼが出来やすくなります。信頼できる医師が在籍をしているクリニックを選ぶと、安全性が高くきれいな仕上がりが特徴です。

Copyright© 2018 いぼの切除はクリニックで相談しよう【最適な治療法を提案】 All Rights Reserved.